おケガの補償

人身傷害補償特約

人身傷害補償特約

補償の対象となる方が自動車事故で死傷または後遺障害を負われた場合に、その方の過失の有無と関係なく、人身傷害補償特約記載の基準に基づいて算出した損害額(逸失利益や治療費など)について、被保険者1名につき、保険金額(所定の重度後遺障害を負われ、かつ、介護が必要と認められる場合は保険金額の2倍の金額)を限度に保険金をお支払いします。

人身傷害の種類

下表の2種類のいずれかからお選びいただけます。

(○印は補償の対象となること、×印は補償の対象にならないことを示します。)

人身傷害の種類 補償の対象となる方 事故例1 事故例2 事故例3
ご契約のお車に
搭乗中の自動車事故
他のお車
(バス、タクシー等を含む)
に搭乗中の自動車事故
歩行中、自転車走行中の
自動車事故
一般 本人とご家族
(注1)
○(注2)
上記以外の方 × ×
搭乗中のみ
(注3)
本人とご家族
(注1)
× ×
上記以外の方 × ×

(注1)「本人とご家族」とは次の方をいいます。

  • ① 記名被保険者ご本人
  • ② ①の配偶者
  • ③ ①または②の同居の親族
  • ④ ①または②の別居の未婚の子(①および②のいずれとも別居している方)

(注2)次の損害は補償の対象となりません。

  • 上記(注1)①~③の方が所有または常時使用する他のお車に搭乗中の事故による損害
  • 上記(注1)④の方が所有または常時使用するお車を④の方自らが運転中の事故により、そのお車に搭乗して
    いる方に生じた損害
  • そんぽ24自動車保険の対象となる用途車種」以外のお車を借用運転中の事故により、その運転者に
    生じた損害

(注3)「人身傷害補償の被保険自動車搭乗中のみ補償特約」をセットした人身傷害の種類をいいます。

補償の重複について

ご契約のお車(A)以外に他のお車(B)がある場合で、お車Bのご契約(弊社以外のご契約を含みます。)に上表の事故例2、3を補償するタイプの人身傷害がセットされているときは、お車Aのご契約でも人身傷害(一般)をお選びになると補償の重複が生じることがありますので、ご契約内容をご確認ください。
このような場合、人身傷害(搭乗中のみ)をお選びいただくことで、お車Aに搭乗中の自動車事故に限定して補償することができます。なお、お車Bのご契約を解約されたときなどは、上表の事故例2、3の補償がなくなることがありますのでご注意ください。

【賠償義務者(相手方)がいる場合の保険金のご請求方法について】

賠償義務者(相手方)がいる場合には、以下の方法があります。
(ア)相手方からの賠償に先行してお客さまの損害額全額について保険金をご請求いただく方法
(イ)相手方からの賠償金受領後に保険金をご請求いただく方法


なお、人身傷害の保険金は相手方からの賠償金等と重複して支払われるものではありませんので、(イ)の方法の場合は、お支払いする保険金が生じないことがあります。

【人身傷害臨時費用保険金】

被保険者1名につき、人身傷害事故により死亡された場合には15万円、3日以上入院された場合には3万円をお支払いします。

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険

ご契約のお車に搭乗中の方が自動車事故で死傷または後遺障害を負われた場合に、被保険者1名につき、次の保険金をお支払いします。なお、搭乗者傷害では定額の保険金をお支払いするため、実際の損害額に満たないこともあります。

【死亡保険金】

死亡された場合には保険金額の全額をお支払いします。ただし、既に後遺障害保険金が支払われているときは、その分を差し引いた残額となります。

後遺障害保険金

後遺障害を負われた場合には保険金額の4%~100%(後遺障害の程度により異なります。)の範囲でお支払いします。

ただし、既に後遺障害がある場合、その後遺障害の該当する等級に定められた金額は差し引きます。

重度後遺障害保険金

所定の重度後遺障害を負われ、かつ、介護が必要と認められる場合には後遺障害保険金の60%(600万円限度)をお支払いします。

【医療保険金(部位・症状別定額払)】

傷害を負われて医師の治療を要し、入院または通院した日数が1~4日の場合には傷害の程度にかかわらず1万円、入院または通院した日数が5日以上となった場合には傷害の部位・症状に応じて定額(手足の捻挫・・・5万円、腕の骨折・・・20万円など)をお支払いします。

自損事故保険

自損事故保険

ご契約のお車の所有者や運転者の方などが自らの一方的な過失による事故により死傷または後遺障害を負われ、自賠責保険による補償が受けられない場合に、被保険者1名につき、次の保険金をお支払いします。

【死亡保険金】

死亡された場合には1,500万円をお支払いします。ただし、既に後遺障害保険金が支払われているときは、その分を差し引いた残額となります。

後遺障害保険金

後遺障害を負われた場合には50万円~2,000万円(後遺障害の程度により異なります。)の範囲でお支払いします。

ただし、既に後遺障害がある場合、その後遺障害の該当する等級に定められた金額は差し引きます。

【介護費用保険金】

所定の重度後遺障害を負われ、かつ、介護が必要と認められる場合には200万円をお支払いします。

【医療保険金】

傷害を負われた場合には、平常の生活または平常の業務に従事することができる程度に治った日までの入院日数に対して日額6,000円、通院日数に対して日額4,000円をお支払いします。(総額100万円限度)

無保険車傷害保険

無保険車傷害保険

保険を付けていない自動車や保険を付けていても補償内容が不十分である自動車との事故等で、① 記名被保険者ご本人、② ①の配偶者、③ ①または②の同居の親族、④ ①または②の別居の未婚の子(①および②のいずれとも別居している方)や⑤ ご契約のお車に搭乗中の方が死亡または後遺障害を負い、その損害(死亡による逸失利益、入院費、休業による損害等)に対して相手から十分な補償を受けられない場合に、被保険者1名につき、保険金額を限度に保険金をお支払いします。