このような場合に対物超過修理費用補償特約 オプション

相手自動車の修理費が時価額を超える場合にお役に立ちます

対物賠償では、車同士の事故により相手自動車の修理費が時価額を超えた場合、超えた部分の損害については補償の対象となりません。「対物超過修理費用補償特約」をセットすれば、「その超過額に事故におけるお客さまの責任の割合を乗じた額」に対して、相手自動車1台につき、50万円を限度に保険金をお支払いします。
この特約は、お客さまのご希望によりセットできます。

例:停車中の相手に追突!(お客さまの責任の割合は100%)

停車中の相手車(時価額30万円)に追突し、相手車の修理に50万円かかった場合 flow arrow 相手車の修理代 50万円