いくら必要?対物賠償

高額な賠償金でもカバーできます

対人賠償は無制限が一般的となっていますが、対物賠償については、依然として1,000万円程度の保険金額とされている方が見られます。しかし、賠償の対象は相手の車だけとは限りません。
店舗や道路設備などへ損害を与えることにより高額な賠償金が発生した場合に備えて、対物賠償を無制限にしておくことをおすすめします。

交通事故高額判決例(物損事故)

認定総損害額 裁判所 判決年月日 事故年月日 被害物件
2億6,135万円 神戸 1994年7月19日 1985年5月29日 積荷(呉服・洋服・毛皮)
1億3,580万円 東京 1996年7月17日 1991年2月23日 店舗(パチンコ店)
1億2,037万円 福岡 1980年7月18日 1975年3月1日 電車・線路・家屋
1億1,798万円 大阪 2011年12月7日 2007年4月19日 トレーラー
1億1,347万円 千葉 1998年10月26日 1992年9月14日 電車

(※)認定総損害額とは、被害者の損害額(弁護士費用を含む。)をいい、被害者の過失相殺相当額を控除する前の金額を表しています。
出典:ファクトブック2015日本の損害保険(一般社団法人日本損害保険協会)

保険料はわずかの差でも、補償は大きな違いです

無制限

わずかな保険料のアップで、対物賠償の保険金額を無制限にすることができます。